ものぽんブログ、ヨーロッパ企画のこと限定。
by monopon
Top
【ラジオ】ヨーロッパ企画の試験放送 第002回 2006年04月11日
2006年 04月 12日 |
相も変わらず、種を蒔き続けられるこの輩どもことヨーロッパ企画は、なんかこう、あれだよあれ。
あれだ。あれ。

はい。

加速するしょうもなさ、あたくしはもう体験したし、なんだかたくさんの人から「体験した!」メールやコメントをいただいておりますよ。

そんでね。放送を「縦読み」すると、判明しましたよ。次回のオープニング曲。どうやら「まるい」曲みたいですよ。マルいの。「○」。「一平面上で定まった一点(中心)から一定の距離にある点全体からなる図形。円周。また、これに囲まれた平面の部分」、な感じの曲です。





ウソの「縦読み」ですけどね('w')。


===

・実際ビックリしたんだけれどもね。「桜」。ちょっと前のスカパー上田エントリ(とうより試験放送第1回のエントリ)を読んで下さった方には、まま、ピンと来るものがおありかしらね。もちろんあたくしにも、どまんなかストライク時速158km/hだった。♪でーきないできないできないできないっ。どふさんは火曜日の授業があまりにタイトなスケジュールなのでラジオを聴くことがまたもやでーきないできないできないできないっ、1時過ぎに就寝してはりましたが。

マスコミ、エンタメ系でやたらと「桜」に関する曲をリストアップして、これがまたいつも川本真琴の「桜」は当確線上ギリギリの位置にあり、でも本人は「川本真琴としての音楽活動はやめちゃいます」ってオフィシャルページで宣言しちゃたし、なんだか、もうっ。

・橿原市の彼、どうしたんだろう。

・「ウソ(うそ?嘘?)の会」。いい具合だなぁ。いい会だなぁ。のっけから、山脇さんの山脇っぷりが実に山脇山脇しております。で、どんどん被せてって、大歳くんの大歳クオリティな部分を登用するそのヤリクチがコレマタ。大歳くん、もう少しだけゆっくり喋ってくれたら、ラジオのリスナーはさらに嬉しく思ったなぁ。でもこれもキャラクターのひとつだろうから、そのままでも嬉しいかなぁ。

・黒木さんは、ほんまにイジラレ役として、適任適切適材なんだろうね。年齢・素性・声質。ヨーロッパ企画をほんのり深く知っている人へのサービス。これもひとつの「種蒔き」。これをいつかだれかが収穫して、みんなが喜ぶんだよなぁ。

・「ウソ」は言葉の相互作用、人間の相互作用であり、噛み合う噛み合わないを別にしてその事象は進んでいく。それは時の流れと同じ方向で、人との関係性を様々な水路へ誘(いざな)う。これをエンターテインメントとして導き出すには、どうすっぺ。ねぇ。

・ラジオコント、原案作成者名が出なかった(はず)。気になる。気にならせているのかコイツラ。なんて輩だ。これも、ひとつの、「種」なんだよなぁ。

・皆さん前回から違和感をお感じであろう。「リーナル」とはなんぞや、と。ヨーロッパ企画内で有限会社でも立ち上がってるのかなと思いきや、勝手に推測すると「http://reenal.net/」に行き着いた。若干の可能性もあるんじゃないかな。関西繋がりで。でも、いつまで「大学サークル」なんだろう。未来永劫なんだろうか。それはそれとしてネタでオモシロイのだけれど、有限会社や株式会社に持ってく気はサラサラ無いのかしらん。もっそく簡単に言うと「儲け=悪」じゃないから。気になるところであります。


空が白んできた。昨日&今日はブログのネタがゴロンゴロンしてたんだけれど、墜落気味で滞っちゃって。少しピッチを上げねば上げねば。

===
こちらスネイク。いつものものはいつものばしょに。


===
(20060413追記)
これ、タイムスタンプをみてみてください。
おいら、このエントリを書いた覚え、無いのです('w')。
文体やテニヲハなどを修正しました。
いつにもまして、恥ずかしすぎ('w')。
[PR]
<< 【ラジオ】ヨーロッパ企画の試験... ページトップ 【ラジオ】ヨーロッパ企画の試験... >>
The Original by Sun&Moon