ものぽんブログ、ヨーロッパ企画のこと限定。
by monopon
Top
永野作品、完成なれど。
2006年 06月 03日 |
SSMF3rdの監督日誌、拝見いたしました。これからもずっと、この6月のカレンダーを見ると、永野監督のコメントが目にとまることだなぁ。ヨーロッパ企画の中の人のどなたか、最新書き込みが一番上に吐きだすようなCGIを書けないのか。ものぽんは書けない。ごめんなさい。先月もさー、毎日毎日ずっとずっと、黒木組コメントを目にしてたわけです。これって、いいことでは無いと考えますがね。こぞってきそって、書き込める環境が欲しいと思いますわね。

ああ、そうか。その意味では、この沈滞ムードというか書くに書けないフインキ(なぜか変換できry)を打破したのは、永野コメントということになるのか。おお。素晴らしい。だけど、上映はできない('w')。

そりゃ、観たいですよ。もちろん、観たいですよ。であるから、5月末までに仕上げちゃって一般作品枠に滑り込む、って方法があったと思うのですよ(一般枠が空いてたとか水準に達してなかったとか、理由付けはどんだけでもできるし)。だけんども、しかし。本日は2006年6月3日であります。

さぁ、どうするんだ。どうするんだ、さぁ。

って、こんなマジメーな愚直ーなイベント(劇団(集団(そのようなもの)))ではないのかもしらんね。あたくしが空気嫁って言われる立場なのかもしらんね。

それでも、今日というtodayになろうとも、キッチリと仕上げはったというかケジメをつけられた永野監督はマジメで愚直で、とってもカッコイイと思うのであります。


どうなさるんだろうねぇ。運営委員会さんの判断を待たねばならんですねぇ。





それから。あたくしが書き殴りました京都予選のエントリですが、一端、閉じておこうかと存じます。たくさんの方が読んで下さってて(最後まで読まれたかどうかはわかんねぇけんど)、それなりに刷り込みをしてまってるんではねーべか、と危惧する次第でございます。あらゆる方面に御迷惑をおかけしとるように感じますのでね。そうなんですよ奥さん。なんで嬉野口調を真似ようとするのでしょうね。

では、皆の衆、また次回っ!
[PR]
<< ぼんやりしてたら。 ページトップ 【ラジオ】ヨーロッパ企画の試験... >>
The Original by Sun&Moon