ものぽんブログ、ヨーロッパ企画のこと限定。
by monopon
Top
「ザ・スタンバイズの24時間生ラジオ(仮)」のテスト放送。
2006年 06月 18日 |
「ザ・スタンバイズの試験放送」ってコールでもあるのではないかと思い、ニヤニヤしながら待った。が、なんとなーくそれとなーく始まった。これぞヨーロッパ企画なのであろう。それですらもニヤニヤ。

そもそも、石田さんが土ワイに出演中(始まりの15分は拝めたので、そのあとはHDDに貯めた。まだ観てないので、観られた方は「お口にチャック(←藤岡)」でお願いを。ネンジの小熊さんの件に関しては存じ上げんよ)なのに、時間被っちゃってるんじゃないか、と(小熊をかぶると時間を被るとをかけたわけじゃないよ)。


で、だ。「ザ・スタンバイズ」を格に(卓に)囲んだ状況で、この1週間のあらましを説明してくださった、と。メインの話題はもちろん自分らの生き地獄24時間ですが、まぁまぁ「流れ」を説明下さったわけです。

が、だ。闖入者、あらわる。セリエEの鬼ども(ドロスワ、イノザーギ、乗じてムドリアーノ、ぼそっと「ミスターX」という単語も聞こえたようなガクガクブルブル)が織りなして、セリエE24時間ドリブルツアーなんて苦行をやらかすという。大阪・京都・名古屋・静岡・東京を24時間でズンドコ東上である。東海道中膝栗毛である。…後半部分を弄ってオモロ語を織り成そうとしたが失敗に終わってしまったのは公然周知の事実である。

だけんども、しかし。ものぽんの知り合いであるワタナベッカムさん」。ハワイにて日本代表落ちで凹み傷心旅行中だった茂庭照幸(FC東京所属のDF、5月末にニヤニヤ帰国しニヤニヤ旅立ちニヤニヤ出場までしやがったニヤニヤボーイ)を慰めてやってた様子。そのニヤニヤを紡いであげたのはワタナベッガムさんだったと聞く。で、そのままハワイに残って砂浜で黄色いぬいぐるみにくるまれ、引きずられてラスベガスと飛ぼうとしているようなのである。んー。それは、勿体ないのではないか。

つまり、遊んでるワタナベッカムさんに、連絡を取ってみる

あと、ウイイレ10を買ってみようかと思う。西院のツタヤにあるかしら。もんな時間だから無理か。明日朝に、ソフマップかなぁ。品代は来週の宝塚記念でどうにかする。


体調が万全でない中、どこまで1週間のカーニバルフェスティバルを、邪魔をすることなく、且つそこそこ出没でき、楽しめるのかなぁ。本当に嬉しく思います。いわゆる「wktk」であります。


梅雨時にスタジオ祭があって、年越しカウントダウンがあって、春秋は公演で「本業であろう事」を観せられる。更には、毎週30分の公共の電波を使える。まして、自分企画を発表する「webサイト(やweblog)」がある。他にもたくさんのアピールできる場所があるし、はたまたそれを作り出してきたのはいろんな条件が積み重なってきた上でのヨーロッパ企画自身なんだろうなぁと感じる。よいものもそうでないものも、評価をされるチャンスが少なくなる趨勢の中、それらを無駄にせず(潰さず)活用していくことに、大変な意味やら意義やらを見出せるよねー。嬉しいです。

劇団、とは離れちゃうのかもしれないけれど年2回の祭のために、年貢を納める準備はできています。そんだけのクオリティが、今ですらチラチラと見せてはるんだもん。


まぁ、そんな土曜の夜でした。体の変調以外は、シアワセです。
[PR]
<< 盛り上がってまいりました! ページトップ 【ラジオ】ヨーロッパ企画の試験... >>
The Original by Sun&Moon