ものぽんブログ、ヨーロッパ企画のこと限定。
by monopon
Top
ま゛。
2006年 10月 18日 |
組み立てを、考えたりね。

こんなページをね、観てたりね。

電卓をね、ポチポチやったりね。

そんなんをね、してたのですね。




♪気がついて時計を見ると
♪キョートーは夜のー2時ー




はい。ヨーロッパ企画の試験放送、録音、できませんでした。

  ↑顔文字を使わないところを鑑みたらいいじゃない




いままでね。

ノイズが入るからってんで放送中エアコンも扇風機さえもつけられなかったりね。

さらにはそれにより蛍光灯のつけ消しすらできんかったりね。

可処分所得急落のさなかトークマスターを買ったはいいもののやっぱりリアルタイムで聴いてこそだと意固地になったりね。

そのこと自体をラジオ録音やら編集ソフトでノイズ除去やらmp3化やらをするモチベーションにしたりね。




それがですよ。

あー、安直に言葉や文字にはできんとですよ。

敢えて捻り出すとすれば、「ま゛」ですよ。「ま゛」。

↑これ、マナコで眺めるのと、実際に口に出そうになるのと、違いがあるのですよ。

それがわかる瞬間が、さきほど、やってきたのですよ。

というふうに言えば、伝わるですよね。




くしくも今日の放送って、M-1_2006予選1回戦の模様をオンエアなはずですよ。

おいら、博多に行く計画もたててたんですよ。

なぜ行かなかったかってーと、予選→博多公演を眺めると、火曜日深夜の楽しみがかなわなくなるからですよ。




責務化してたんじゃねぇのと言われたら、うん、そうかもしれんねぇ、とこたえるわさ。

うーん。




うーんうーんうーん。




オダイジンがさ、札束かかえて北聖町に趣いてさ、

「平凡なウェーイのDVDを50000本買わせていただくので、こないだのテープくんろ」、

とムッシュ・ジャン・カートに宣ってさ、

なんかしらんけんどもそのテープがうちのポストに投げ込まれていたとするジャーン。

でもね、それを聴いてもね、違うと思うのよ。しせいのたみにとっては。

AMとFMの差違というアレもあるんだけれど。

そこらへんは、アメザリのスレッドキングABCをwebで聴いたらわかるし、

ウチとこにある本で言うたら『ラジオの学校 生きるためのことば』を読めばわかるジャーン。

なぜゆえのんな本があるのかなんて問うのは野暮ジャーン。




語尾にジャーンをつけてお茶を濁すくらいしかできないほどの、今のものぽんさんの余力。




北海道やら東京やら京都やら大阪やら兵庫やら、

いや、

ものぽん。ものぽんですよ。

ものぽんさんに、ごめんなさいですよ。ワタナベッカムさんに、ごめんなさいですよ。




簡単には眠れそうもないので、禁忌封印蔽遮していたミンザイを飲むことにするよ。

おやすみなさい。
[PR]
<< 仕事場の売店。 ページトップ ドラマのだめ。 >>
The Original by Sun&Moon