ものぽんブログ、ヨーロッパ企画のこと限定。
by monopon
Top
特に永野くんはナウ泉の相棒として重要な役割を担います。
2008年 06月 18日 |
あちこちの皆さんが雄叫んでいらっしゃるので、でもしたためるので、読んでので。

HTB開局40周年記念スペシャルドラマ 「歓喜の歌」


おらぁ相当に思い入れがあるだす。志の輔落語にも、どうでしょうさんにも、ヨーロッパ企画さんにも。それぞれ全てに深く深く。まして大泉さんの役は、永野のむーくんさんがしっかりしてこその役なんだぜ。んだから、永野のむーくんさんが中途半端なことしやがったらば、世界で一番怒るっちゃうし罵っちゃうしウイイレのデータが飛んでしまうように呪っちゃう。逆に完璧だったらば、永野のむーくんさんを世界で一番賞賛するし礼賛するしなんか爵位でも進ぜさしてもらうんだぜ。

永野むーくんさんの、舞台ではない役者としての、でっかい分水嶺。泣きそうになりながら、応援するます。気持ち悪い32歳のおっさんであるます。

おそらくは商店街の皆さんであろうところの、本多さん酒井さん。いろんな意味で、気張って下さい。

ああもう、超ルネッサーンス!! ←なんだこれ
[PR]
<< ちょっと本屋に行ってくる! ページトップ なんにもない月曜日がやってきた。 >>
The Original by Sun&Moon